活動報告

活動報告:10月20日

活動報告

2016.10.20 農都共生研究会 特別フォーラム

2016

2015
2014
2009
2009
2009
2010
2009
2008

2016年度 農都共生研究会 特別フォーラム〜美味しく進化する北海道チーズの未来について〜として10月20日(木)に地下イベントスペースEditで開催しました。開催当日の10月の気温としては非常に寒く、札幌で今シーズン初の積雪があった中、多少の欠席もあったものの、ほぼ定員の46名のご参加をいただきました。

イベント前半は農都共生の考え方をご紹介した後、林美香子による「スペイン視察レポート」として、現地の食文化、レストラン、市場、農家などの様子をスライドを使用してご紹介しました。

後半はチーズ&ワインスクール石川尚美チーズサロン代表の石川尚美氏による北海道チーズの現状や課題、魅力についてご講演いただきました。チーズの生産現場もよく知る石川さんならではのお話に、参加者は皆熱心に聞き入っていました。

セミナー終盤では、北海道産のチーズ(6種類)の試食(食べ比べ)を行いながら、チーズの様々な種類をレクチャーいただきました。今回選んだチーズは比較的初心者でも食べやすい物だった様ですが、試食のチーズを残された参加者の方は一人もおらず、美味しいチーズを知れたと大変好評でした。講演の中で、よく質問される事として「美味しいチーズの見分け方は?」と聞かれるそうですが、「外見ではわかりません。食べてみて、自分に口に合ったチーズが美味しいチーズです」と石川のお答えでした。

参加された方々の感想は「北海道のチーズをもっと食べてみようと思った」(40代男性)「様々なチーズの種類や製法がわかって勉強になった」(20代女性)「チーズ作りの大変さが知れた」(50代女性)など、多くの方から大変ご好評いただきました。

共催及び後援いただきました各社様そして、ご参加いただいた皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます。