活動報告

活動報告:7月16日

活動報告

2010.11.26 SDM研究科提携農園ホウレン草配布

2016
2015
2009
2009
2009

2011

2010
2009
2008

7月16日、林美香子さん(農都共生研究会会長)、土肥寿郎さん(寿郎社)、伊藤さん(北海道アルバイト情報社)、東海林(東海林商事)の4名で、富良野在住、農都共生研究会メンバーの半農半画家イマイカツミさん邸へ寄らせていただきました。農家の一軒家を地元のみなさんの協力も得ながら改装し一年。いかにも芸術家というリビングは何も足さず、何も引かぬシンプルさの中に心地よい空間が広がる素敵なお部屋でした。これから納屋をギャラリーとして改装されるとのこと。楽しみです。

今回の目的は、アスパラの苗植え。すでに畑はイマイさんが耕していらっしゃったので、苗を植え畝を作る作業。昨年大手術をした土肥寿郎氏が鍬を手に、ふらつきながら(コメディではないが鍬を持ち上げたらそのまま後ろに倒れそう)の作業。いざとなったら救急車かと思いながら、伊藤さんが「変わりましょうか」というまで、ジーッと観察していました。大手術後はエンピツ以上重いものを持ったことがないとこと。相当堪えていたようですが、帰りもしっかり運転してもらいました。土肥さんには感謝です。

お昼をいただいた後、イマイさんの友人の「Caféゴリョウ」へ。関西出身の澤井さんご夫婦が運営されている喫茶店。こちらも農家を改装して、本当に素敵な空間と窓から見える景色と美味しいコーヒーをいただくことができました。また、併設してオープンしたばかりの宿泊施設も見学させていただきました。僕は林美香子さんの「農村へ出かけよう」に書かれている「おいしい農作物は、美しい景観のなかでこそ育つ」という一文が好きなんですが、美しい景観を愛する人は、おいしい時間と空間をつくる人でもあるのだなと認識いたしました。しかし、イマイさんにしても澤井さんにしても道産子じゃないのが気に入りません。道産子がんばろう。 (S)
Caféゴリョウ http://cafe.goryo.info

活動報告

活動報告